生命保険の更新の際に高血圧だとどうなる?

生命保険の更新の際に高血圧だとどうなる?

生命保険料の支払い方法はいくつか挙げられますが、何年、何十年という単位で更新がある保険に加入する人もいるでしょう。その方が最初は保険料が安く済むなどのメリットがあります。しかし、その更新する際に高血圧だとどうなるのでしょうか。

たとえば、最初に加入する際には高血圧で無い場合でも、更新を迎えるまでの間に高血圧になってしまう可能性も充分に考えられます。更新時期を迎える前に高血圧であることが発覚している場合、それを黙ってただ更新するというのは避けるべきです。更新後に高血圧が原因で何らかの病気に罹ってしまった場合、また、高血圧が悪化したことによって入院などが必要になった場合などは、保険金が支払われないかもしれません。

更新の際に高血圧であることを正直に話すと、更新できないかもしれない可能性もあります。しかし、条件を変更することによってそのまま更新できる場合もあるのです。また、同じ保険会社で取り扱っている別の保険を紹介してもらうという方法もありますので、まずは正直に話して相談してみてはいかがでしょうか。

また、たとえ高血圧だったとしても、軽度で治療が必要無いという診断がされている場合は、そのまま更新できる場合もあります。軽度であれば自分で気を付けるだけでも充分血圧を下げることはできますし、高血圧の予備軍の可能性もあるのです。その段階で気づいて改善する生活習慣を送ることができれば、生命保険の更新も問題ないでしょう。

また、最も良いのは更新をする段階で正常な血圧になることです。高血圧だと診断された時点で正直に話すのが一番ですが、治療が必要無いと診断された場合は自分でまずは生活習慣を見直すなどして対策をとってみましょう。ただし、一概に大丈夫とは言い切れませんので、高血圧だと判明した時点で生命保険会社に相談するのが1番でしょう。きちんと告知しなければ、告知義務違反ということになる可能性が考えられますので、その点は注意して下さい。