高血圧の人の食事で水分を意識することも大切

高血圧の人の食事で水分を意識することも大切

高血圧の人は食事を摂る時に、栄養バランスや高血圧に効果的な栄養素を摂取することを意識するのではないでしょうか。しかし、それだけでなく食事の際に水分を補うことも大切なのです。

誰でも毎日尿や汗として体内の水分を排出していますよね?無意識のうちにやっていることだとは思いますが、それによって水分が失われているわけですから、意識して水分を補う必要があるのです。13食を摂るのが一般的でしょうが、その食事の時に水分を摂ることによってこまめに補うことができますので、高血圧の予防・改善に役立ちます。水分が不足した状態が続くと血液中の水分が不足することで血液の流れが悪化し、高血圧に繋がってしまうのです。

自分は汗をかかないタイプだから問題無いと思う人もいるでしょう。しかし、トイレには行っているでしょうから、誰でも水分を摂る必要があります。水分を補給する際にはミネラルウォーターを選ぶのが理想的ですが、それが難しいのであれば水道水でも構いません。また、夏場は汗をかく機会が多いでしょうが、汗の中には塩分が含まれているのです。高血圧の人は塩分の摂取を控える必要はありますが、あまりにも汗をかくのであれば塩分を補うことが大切です。塩分と言っても塩をそのまま摂取するのではなく、スポーツドリンクなどによってナトリウムを補う方法の方がオススメです。ただ飲み過ぎるとナトリウムの過剰摂取になって高血圧を悪化させてしまいますので、あくまで適量ということを意識してみて下さい。

また、お茶もオススメです。お茶にはカテキンが含まれていますが、カテキンには血圧の上昇を抑制する作用があるのです。それに、お茶にはカロリーが含まれていませんので、高血圧を悪化させることもありません。当然ですが、糖分が含まれている飲み物を避けることは大切ですから、その点は理解した上で水分を摂取してみましょう。もちろん食事の時だけでなく、1日に何度もこまめに水分を摂取することも大切ですから、お水を持ち歩くのもオススメです。