高血圧による頭痛と水分の関係性

高血圧による頭痛と水分の関係性

高血圧の人は頭痛で悩まされることも多いでしょう。高血圧になると体中の血行が悪化している可能性が高いのですが、血行の悪化によって当然ですが頭にも必要な血液が行き届かなくなる場合があります。それにより、頭痛が生じることがあるのです。頭痛は非常に辛く、仕事などが手に付かないほど強い痛みで悩まされる人もいるでしょう。なので、なんとかしたいと思うはずですが、それには水分が関係している可能性があります。

水分は血液中にも存在していますので、体内の水分が不足することで血液中の水分も不足しがちな状態になり、血液がドロドロの状態になって血圧が上昇し、高血圧を招くことは多いのです。特に、運動不足な人などはただでさえ血液濃度が高くなりやすいですから、高血圧になりやすく、結果的に動脈硬化などを引き起こす可能性もあります。なので、高血圧を予防・改善するのであれば、毎日必要な水分を意識して補う必要があるのです。それにより、血液中の水分量が増えてサラサラになるでしょう。

また、年齢を重ねると運動をする機会が減り、自然と代謝が落ちる傾向にあります。その上、意識して水分を摂る人が少ないのではないかと思いますが、ただでさえ高齢の方は高血圧になりやすいと言われていますので、意識して水分を摂取するべきです。できれば水が理想的ですがお茶でも構いませんので、毎日2リットルを目標として飲んでみて下さい。

また、寝る前にも必ず水分を補給して下さい。人間というのは寝ている間に意外と汗をかきやすく、コップ1杯の量の汗をかいていると言われています。なので、寝る前には最低でもコップ1杯の水を飲んで高血圧を予防しましょう。寝ている間に水分が不足することで脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす傾向にあるのです。

このように注意点はあるものの、ただ水分を摂るというだけであれば誰でも手軽に実践できるのではないでしょうか。外出する機会が多い方はペットボトルに水などを入れて持ち歩き、こまめに飲んでみて下さい。