高血圧向けの朝食の献立とは

高血圧向けの朝食の献立とは

高血圧の人は、普段の食生活を見直すことが大切です。1日の中で最も摂取カロリーが多くなりがちなのは夕食でしょうが、意外と気を付けなければならないのが朝食なのです。朝食はつい塩分が多いものを摂りがちなのではないでしょうか?

たとえば、味噌汁であったり、ハムやウインナーなどの加工品にも注意しなければなりません。朝食はお漬物を食べる人もいるでしょうが、お漬物も意外と塩分が多いですから、高血圧の人は食べるとしても少量で済ませる必要があるのです。知らずに朝食で塩分を摂取してしまうと、昼食と夕食の食事内容に気を付けたとしても、あまり高血圧に対して効果が見られない可能性も考えられます。

では、高血圧の人向けの朝食の献立はどのようにすれば良いかというと、基本的には和食が良いでしょう。しかし、味噌汁の塩分量は想像以上に多いはずですから、飲むとしても1週間に1度程度にしましょう。なので、朝食の時には味噌汁は飲まない方が良いです。

また、お漬物は食べずに、納豆を食べるのがオススメです。納豆は醤油やタレを入れ過ぎると塩分の過剰摂取に影響しますので、醤油などは控えめにしましょう。その他には、塩分を控えた卵焼きやほうれん草や小松菜などのおひたしを食べると良いでしょう。基本的には薄味で食べられる朝食の内容でまとめるのが理想的なのです。

朝食に魚を食べるのは健康に良さそうな気がするかもしれませんが、干物も塩分量が多いですから、控えるべきです。魚は味付けがされていないものを選ぶか、野菜の煮物などを選んだ方が良いです。もちろん、味付けは薄めを心がけて下さい。その他には、酢の物もオススメです。酢の物なら塩分量が少なく、ヘルシーで高血圧の改善には効果的です。

それを毎日続けるのは難しいと思うかもしれませんが、意外と簡単に作れるものが多いのです。大変かもしれませんが、塩分量が多くなりがちな洋食を朝食べるのは避け、あっさりとした内容の朝食にするよう、心がけてみましょう。

もし分からなかったり、メニューがマンネリ化してしまうようであれば、インターネットを活用してみて下さい。高血圧向けの朝食の献立と検索するだけで多数ヒットするはずですから、色々なメニューを参考に、飽きないように頑張ってみましょう。そうすることで、きっと高血圧に対する効果も現れるのではないでしょうか。