高血圧の降圧剤の種類を把握しよう

高血圧の降圧剤の種類を把握しよう

高血圧の治療に用いられる降圧剤は、いくつかの種類があります。その人の症状などに合わせて処方されることが多いのですが、その特徴はそれぞれ異なりますので、あらかじめ降圧剤に関する知識を身に付けておくと良いでしょう。

降圧剤の種類ですが、カルシウム拮抗薬・ARBACE阻害薬・利尿薬・β遮断薬・α遮断薬などが挙げられます。それぞれ1種類だけ処方されることもありますし、いくつかの種類が併せて処方される場合もあります。

カルシウム拮抗薬は、日本で最も頻繁に処方されている種類の薬になります。血管内にカルシウムイオンが入ることにより、血管が収縮して血圧が高くなるのですが、その作用を緩和させることができるため、血管が収縮づらくなり、結果的に血圧が上昇しにくくなるというわけです。

続いてARBですが、これは血管の収縮を抑制したり、交感神経の活性を抑制する作用があるため、結果的に血圧の上昇を抑制することができます。それだけでなく、高血圧の合併症である心肥大・心不全を防いだり、腎臓を守る役割も果たしてくれるため、他の薬と併用することも多いという特徴があります。

ACE阻害薬は、血圧の上昇を抑える効果、臓器の障害を防ぐ効果があり、糖尿病に罹っている人に対して処方されることが多い薬です。ただ、腎障害のある人は服用できませんので注意して下さい。

利尿薬は、比較的値段が安めで、ナトリウムの再吸収を防ぐ作用があります。ナトリウムは血圧の上昇に大きく影響を与えますので、その吸収を抑制することがポイントなのです。

β遮断薬は、細胞の受容体の1つであるβ受容体の働きを遮断し、心拍出量を抑制することができます。それにより、交感神経の働きを抑制して血圧の上昇が抑制できます。比較的若年者の高血圧の治療に用いられることが多いという特徴があります。

最後にα遮断薬ですが、これはα受容体の働きを抑制する薬です。それにより、血管の収縮が抑制できますが、早朝高血圧の傾向にある人に用いられることが多いのです。また、前立腺肥大の治療に使われることもあります。

このように、降圧剤の種類によって特徴がそれぞれ異なります。処方される際には詳しい説明を受けるでしょうが、注意点もありますので、不明な点があれば必ず確認するようにしましょう。