高血圧による血管の痛み

高血圧による血管の痛み

高血圧によって血管が痛みを生じるというよりは、血管に負担が掛かることにより、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気などの様々な症状が現れることになります。また、全身の血行が悪化することによって、血液を送り出している心臓にも負担が掛かるため、心臓に痛みを感じることもあるのです。このような症状が現れた場合は高血圧である可能性がありますので注意が必要です。

ただし、血管が痛むというよりは、手足のしびれを感じることもあります。高血圧によって体の末端部分である手足への血流が悪化すると、手足のしびれが生じることがあるのです。人によっては、血管が痛むような気がするという意見もありますので、そのような感覚があるのであれば気を付けてみて下さい。

特に、心臓の痛みを感じるようであれば、症状が進行していると言えますので、少しでも早く受診をして、高血圧の状態を調べてもらいましょう。もしかすると、既に動脈硬化などが進行している恐れもあります。