高血圧は血管が細いのが原因?

高血圧は血管が細いのが原因?

なぜ高血圧になるのかというと、血管が細いのも原因の1つです。血液は血管を通っていますが、血管が細ければ、それだけ血液の流れも悪化しやすいという特徴があります。血液の流れが妨げられることによって血圧は上昇するため、血管が細いのは高血圧に影響しやすいのです。

また、血管自体が細いだけでなく、血液中にコレステロールなどが多く存在することによって血液の流れが悪化すると、血管自体が細くなっているのと変わりません。

それから、塩分の過剰摂取などによって血管が細くなることも考えられます。血管が細い中を無理に血液が通ることによって高血圧に繋がるだけでなく、合併症も引き起こしやすくなるというデメリットがあります。

血管が細い状態で血液が通ると、血管を傷付けてしまいます。そのような状態が続くと、血管が傷ついて破裂する可能性も考えられますが、もし脳の血管が破裂した場合は非常に危険です。命に関わるような合併症を引き起こす場合もあるため、なるべく早い段階で高血圧を改善することが重要です。

元々血管が細い人は血管を太くすることは難しいかもしれませんが、血管を強化する方法はあります。また、なんらかの原因によって血管が細くなっている場合は、生活習慣を見直して、状態を改善することが大切です。