高血圧の検査は何科を受診するのか

高血圧の検査は何科を受診するのか

高血圧の検査を受けようとした場合、何科を受診すれば良いのかというと、内科、若しくは循環器科を受診しましょう。どちらでも検査を実施してくれますので、高血圧なのかどうか、結果を知ることができます。

高血圧の検査をする場合、最初はスクリーニング検査が実施されます。これは、問診、血圧の測定、血液検査、尿検査、心電図、眼底検査、胸部X線検査などの項目があるのです。これらを実施することにより、合併症が起こっているのかどうか、高血圧がどの段階なのか、何が原因で高血圧になっているのかなどを知ることができます。

高血圧の検査は血圧を測定するだけだと思っている人もいるでしょうが、意外と検査項目が多いですから、自宅で血圧を測定するだけでなく、きちんと医療機関で検査を受けることが大切なのです。