高血圧と遺伝的要因

高血圧と遺伝的要因

高血圧の原因のひとつに遺伝的要因があるとも考えられています。両親や兄弟に高血圧の人がいると、高血圧になりやすいといわれています。

両親ともに高血圧だった場合、60パーセントほどの確率で、両親どちらかが高血圧だった場合には、30パーセントほどの確率で子どもに遺伝するといわれています。遺伝的な場合には、若いうちに高血圧になる傾向があるようです。

ただ、遺伝だけで高血圧になるというわけではありません。遺伝以外にも生活習慣も大きく関係しています。食塩の取りすぎや、過労、ストレス、運動不足、肥満、加齢なども影響してきます。子どもの頃から、味の濃いものを好んで食べたり、間食が多い、寝る前にものを食べるというような食生活をしていると、高血圧や生活習慣病を引き起こしやすくなってしまうのです。

思い当たることがある場合には、少しづつでも改善していきたいですね。遺伝的なことだけではなく、生活習慣を整えて、高血圧を予防しましょう。