高血圧と耳鳴りの関係とは

高血圧と耳鳴りの関係とは

高血圧になるとほかに色々な影響が出てくることもありますが、耳鳴りが起こる場合もあるようです。

高血圧になると、血圧がうまく調節できなくなってしまうので、血液循環もうまくいかなくなってしまいます。心臓は血液を体内に循環させようと働きますが、血液が足りなくなってしまっているので、血液が体内にいきわたらなくなってしまうのです。それが原因となって耳に血液がいきわたらずに、耳の血管が難くなってしまうことがあります。

耳の血管が硬くなることで、弾力が失われてしまい、耳が聞こえづらくなり、耳鳴りが起きてしまうようです。

高血圧と診断されていなくても、耳鳴りになってしまう場合もあり、それは、血圧が高くなってきているというサインかもしれません。耳鳴りの原因が高血圧の場合、薬を飲めば簡単に治るというものではないようです。

自分は大丈夫と思っていないで、耳鳴りがある場合には、医師に相談してみることが大切です。また、高血圧の予防に、食事や運動、生活習慣などを改善してみるのもいいでしょう。