肥満と高血圧の危険因子

肥満と高血圧の危険因子

肥満と高血圧の危険因子は重なる部分もありますので、きちんと把握しておいた方が良いでしょう。また、肥満と高血圧の危険因子というよりは、肥満から高血圧になる可能性も少なくありません。高血圧を予防・改善するためにも、肥満の人はなるべく早く改善することが大切です。

肥満と高血圧の危険因子として挙げられるのが食生活です。特に、糖分の多い食事、油分の多い食事は肥満に繋がるだけでなく、高血圧の原因の1つだと言われているのです。特に、洋食を好む人、外食をする機会が多い人は、知らないうちに糖分や油分を摂取することが多いでしょうから、気を付けた方が良いでしょう。

洋食では無く、基本的には和食を選ぶことが大切です。また、肥満や高血圧の危険因子として有名なのが運動不足です。年齢を重ねると、運動をする機会が減る場合もあるでしょう。しかし、しかし、運動不足によって消費カロリーが減れば肥満になりやすいですし、代謝が落ちて血液がドロドロになり、高血圧を引き起こしやすいのです。

食生活を見直し、適度に毎日運動を実践するように心がければ、肥満も高血圧も改善されやすいはずです。