高血圧の人が風邪薬を飲んでも大丈夫?

高血圧の人が風邪薬を飲んでも大丈夫?

高血圧の人は、薬の飲み合わせが気になるかもしれません。高血圧は非常に身近な病気ですが、血圧が高い事によって、薬の成分が更なる症状悪化に繋がる恐れもあるでしょう。それを気にして、なかなか風邪薬も飲めないと思っている人がいるかもしれませんが、必ずしも服用できないわけではありません。高血圧でも軽い段階で、降圧剤を服用していないようであれば、風邪薬を飲んでも影響は無い可能性があります。

しかし、降圧剤を処方されていて常用しているのであれば話は別です。降圧剤の成分と風邪薬の成分の相性が悪い可能性がありますし、成分の過剰摂取に繋がる恐れもあります。そのため、降圧剤を常用している人は自己判断で風邪薬は飲まずに、医師に相談してみましょう。かかりつけの医師が大丈夫だと判断すれば問題はありません。また、降圧剤との相性を考えて、風邪薬を処方してもらえる可能性もあります。少し面倒でも、必ず医師に相談することがトラブル予防に繋がります。