高血圧で下が高い場合の原因は?

高血圧で下が高い場合の原因は?

高血圧には最高血圧と最低血圧があります。一般的には、最高血圧が高いことが問題視されている傾向にありますが、最低血圧が高い場合も高血圧だと判断されますので、体にとっては決して良いことではありません。高血圧で下が高い場合の原因は何なのか気になると思いますが、最低血圧が高い原因はいくつか考えられます。

たとえば、睡眠不足が原因で起こることもあります。最低血圧が高いのは高齢者よりも若い人に多いようです。若年者は睡眠不足の状態が続いていることも多いでしょうが、もしかするとそれが原因かもしれません。

また、運動不足や肥満も原因の1つです。運動不足や肥満の状態が長く続くと高血圧に影響しますので、もし当てはまると思った人は、改善する努力をしてみましょう。

それから、ストレスや喫煙、飲酒といった原因も考えられます。これらは非常に身近なことですし、特にストレスは誰でも抱えるものです。それが原因という場合には、ストレスを溜めこまないように努力することが大切です。また、飲酒や喫煙は趣味のようなもので、なかなか止められないかもしれません。しかし、止めることできれば、高血圧の改善にも効果的ですので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このように色々な原因がありますので、必ずしもこれが原因とは言い切れません。しかし、自分に当てはまると思われるものがあれば、まずは生活習慣を見直すことから始めてみて下さい。