高血圧の看護計画について

高血圧の看護計画について

高血圧患者の看護計画を立てることは大切です。どのようにして血圧を下げていくことが大切なのか、最初に計画を立てておくことによって、血圧も安定しやすくなるはずです。看護計画を立てた後は、その計画に沿って治療を続けていくことは大切ですが、その後も血圧の変化に合わせて計画を見直すことも大切です。血圧は毎日測ることが大切ですから、毎日計測して血圧の変化を確認するようにしましょう。

また、高血圧を下げる目的だけでなく、合併症を予防することも大切です。高血圧は放っておくと合併症の危険性も高まりますので、その合併症の予防に関する看護計画も立てておきましょう。

それから、看護をする時には、高血圧の患者さんが不安に思わないように心がけることも大切です。自分が不安になると、それが患者さんにも伝わりますので気を付けて下さい。色々と不安もあるでしょうが、まずは看護計画をしっかりと立てましょう。