高血圧と更年期の関係とは?

高血圧と更年期の関係とは?

更年期障害というと女性がなるものというイメージが強いですが、男性も同じことが言えます。そして、この更年期が原因で高血圧になることもあるようです。年齢を重ねることで、血管も老化が始まり、血管が硬くなり血圧が上がってしまうのです。

血管が固くなってしまうと、血液にかかる圧力が強くなるため、高血圧になってしまうのです。この場合、上の血圧だけではなく、下の血圧もどちらも高い状態となります。

更年期障害は自律神経が乱れてしまう時期なので、毎日血圧を測ってもばらばらで一定にならないことも多く、体調不良になることもあります。

更年期障害は、やはり女性に多いのですが、孤立型収縮期高血圧は、男性のほうが多い症状のようです。孤立型収縮期高血圧は、硬い血管になることで血圧が上がってしまう症状で、70歳以上の男性が多く診断されるようです。

原因としては、老化のほか、喫煙や飲酒とも言われています。男性や女性、性別に関係なく、喫煙、飲酒の習慣がある人は、高血圧になるリスクが高くなるといわれています。若いときからの習慣が、年齢を重ねていったときに症状を発症することにもなります。若いから大丈夫というのではなく、今からでも毎日の生活習慣を見直してみましょう。