高血圧の薬物治療

高血圧の薬物治療

高血圧と診断されると、まずは食事療法、運動療法から始めることが一般的です。しかし、それでもなかなか改善されなかったり、病気を併せ持ったりしている場合には、
薬物治療を取り入れることになります。

薬物治療で使われるのは、降圧薬という、血圧をさげる薬です。降圧薬には多くの種類があり、患者一人ひとりに合わせて医師が選び治療していきます。
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、β遮断薬、α遮断薬、利尿薬など、血圧の状態や合併症、年齢などを考え、目的に合わせて選ぶのです。

年齢やあわせ持つ病気などによって、降圧目標値があり、2から3ヶ月降圧薬を服用しても改善されない場合には、薬をかえたり、量を増やしたりしていくようです。降圧薬には、副作用が起こることも考えられるので、飲むときには医師の指示に従うことが大切です。勝手に途中で飲むのをやめたり、忘れたからまとめて飲むようなことはしないようにしましょう。