高血圧の疫学について

高血圧の疫学について

高血圧の疫学について知りたい人は多いでしょう。やはり、高血圧は非常に身近な病気だからこそ、正しい知識を身に付けることは大切です。

高血圧の患者数は、およそ4,000万人とも言われています。高血圧になると、またメタボリックシンドロームになる可能性が非常に高くなると言われています。これには、肥満や糖尿病なども含まれますが、リスクとしてはおよそ1.5倍から2.4倍とも言われているのです。

その上、高血圧は合併症を引き起こしやすい病気です。脳卒中、腎臓病、心疾患などの可能性も充分に考えられますし、循環器系の疾患にかかる確率が高くなります。それだけでなく、死亡率も高まると言われているため、非常に危険な病気です。

高血圧は症状に気付きにくく、発見しにくいと言われています。実際、高血圧でも治療を受けていない人は非常に多いのです。それが更に高血圧を悪化させてしまいます。

このように、情報を知れば知るほど、どのくらい危険性が高いものなのかお分かり頂けるでしょう。もし不安な症状などがあれば、医療機関に相談したり、一度血圧を測定してみることをおすすめします。