高血圧の原因はわからない?

高血圧の原因はわからない?

高血圧の原因とは、大きく分けて2つです。

ひとつは、二次性高血圧といって、他の病気や薬などが原因で起こっている高血圧です。たとえば、腎炎や腎盂腎炎、大動脈縮窄症、大動脈弁閉鎖不全症、原発性アルドステロン症やクッシング症候群などの病気です。薬は、喘息の薬や心臓の薬、うつ病の薬などに、血圧を高くする作用を持っているものがあるようです。

ただ、この二次性高血圧が原因という人は、高血圧の原因の約10パーセントといわれています。それ以外の原因というのは、生活習慣や食生活、遺伝的要素などがあるといわれていますが、実際のところよくわかっていないようです。

日本人の高血圧の患者さんの90パーセントが、本態性高血圧といい、病気や薬、ホルモンなどの異常がないタイプの高血圧です。また血圧は時間によっても変動します。

早朝に血圧が高くなる場合には、早朝高血圧、病院で血圧を測ったときにだけ高くなる白衣高血圧、その逆の仮面高血圧などがあるようです。