高血圧症とウォーキングの関係性

高血圧症とウォーキングの関係性

高血圧症にはウォーキングが適していると言われていますが、これはどのような理由からなのでしょうか。

世界中で高血圧は問題視されていますが、日本人の場合は食生活が問題で高血圧が生じているよりも、実は運動不足が影響している可能性が高いと言われています。もちろん食生活などの生活習慣を改善することも大切だと言われていますが、その中に運動を取り入れることで血圧が改善されることは珍しくないのです。

ウォーキングをすることによって、血圧の上昇に繋がるナトリウムの排出に繋がります。また、ナトリウムが排出されると血液の量が減るため、血圧が下がると言われています。

その上、交感神経に働きかけることが出来るというメリットもあるのです。運動をするとリラックス効果が得られると言われていますが、それによって交感神経の乱れが改善されて、血液の収縮も治まり、血圧が安定するという特徴もあります。

このように様々な効果が期待できることから、ウォーキングは特に最適な運動だと言われていますので、高血圧で悩んでいる人は普段の生活に取り入れてみると良いでしょう。