高血圧の数値は?

高血圧の数値は?

みなさんは、自分が高血圧なのか低血圧なのか計ったことはありますか?高血圧症を防ぐには血圧を毎日、同じ時間帯に測る事が未然に防げられるのです。高血圧の人は、体に変化がないのです。体に変化が出たときには、すでになんらかの合併症などが併発している場合か、高血圧症が深刻な状態になっている場合のみにわかるのです。深刻な状態ですと、めまいやふらつきなどがあり、出先などで倒れる場合もあるのです。こういった事を防ぐためにも日頃から血圧をはかり、自分の数値を知ることが必要になります。では、高血圧とはどの程度の数値をいうのか気になりますよね。一般的に言われているのが、上が140、下が90以上を高血圧と言われているのです。しかし、病院などで計ると家で計る時よりも上まわります。なので、よく言われているのが自宅で計った数値が自分の正常な数値だそうです。病院へいくと、やはり緊張などしてしたり、ちょっとした階段を上ったりするだけで血圧の数値は変わります。自宅で同じ時間に計る数値こそが正常な数値だと言われています。