高血圧を予防するために気を付けること

高血圧を予防するために気を付けること

現代人に多い「高血圧症(血圧とは血流が血管壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して血液を送り出すときに最大となり、これを最大血圧あるいは収縮期血圧といい、また心臓と大動脈の間にある大動脈弁が閉じて心臓から送り出される血液が止まったときに血圧は最小となり、これを最小血圧あるいは拡張期血圧といい、動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなった状態を高血圧といい、この状態が持続しているものを高血圧症と呼ぶ)」を予防するためには、まずはその生活習慣を改善させる必要があります。最も効果的な方法として挙げられるのが、肥満を解消することです。体重が標準より多い人、太っている人ほど、高血圧になりやすいと考えられているからです。また、寒さ、特に寒暖(寒さと暖かさ)の差には注意する必要があります。暖かい場所から、突然寒い場所へ行くことは、血圧を急激に上げる原因になります。高血圧の人ほど特に、その影響を受けやすいので注意が必要です。