高血圧の人のための運動がある?

高血圧の人のための運動がある?

高血圧症を患っている場合、「運動療法(運動を行うことで、障害や疾患の治療を行う療法)」はとても効果的だと言われています。しかしながらも、高血圧の人の場合、それに適した運動と、適さない運動が存在するのです。高血圧の人にとって、最も効果的な運動とはどのようなものかご存知でしょうか。私たちは、ただやみくもに運動しても、効果がなかったり、むしろ悪化させてしまうことがあるので、運動をする際には、充分な知識と注意が必要になってきます。この高血圧の運動療法には、ポイントが2つあります。まず1つめは、自分の血圧が、運動療法を行うのに適しているかどうかを知ることです。運動療法がよい効果をもたらすのは、高血圧症の場合、軽症から中等症と言われています。つまり、最高血圧が180mmHg未満、最低血圧が110mmHg未満の高血圧になります。重症高血圧の人や合併症のある人には、運動は逆効果な場合が多いので、自分がどれに当てはまるかをしっかりと認識しましょう。