高血圧の薬の名前を知ろう

高血圧の薬の名前を知ろう

高血圧の薬の種類は非常に多いと言われていますので、もし薬を服用するのであれば、それがどのような薬なのかきちんと把握しておくことが大切です。大きく分類すると、利尿薬・β遮断薬・カルシウム拮抗薬・ACE阻害薬・ARB薬などに分けられます。症状、原因などによって処方される薬が異なるのです。

たとえば末端の血液抵抗を減らすために血管を広げる必要があると判断された場合は、カルシウム拮抗薬やACE阻害薬、ARB薬を処方されることが多いと言われています。心拍の手量を減らすためには心拍数を減らす、若しくはナトリウムを排泄する方法があります。ナトリウムの排泄が有効だと判断された場合は利尿薬が処方されることが多く、心拍数を減らすためにはβ遮断薬が用いられます。

もちろん医師の判断にもよりますので、必ずしもこのような薬が処方されるとは限りません。また、体に合わない可能性なども考えられますので、飲みながら様子を見て、最も効果が現れそうなものを飲み続けることになるでしょう。まずは薬の種類を把握し、どのような特徴があるのか、そして副作用についてもきちんと理解しておきましょう。