高血圧の症状であるめまいを治す2

高血圧の症状であるめまいを治す2

しかしながらも、安易な自己判断で高血圧(めまい)を見過ごしてしまうと、危険な状態になる可能性もあります。だからこそ、めまいが収まり次第、すぐに掛かり付けの病院へ向かうことをお勧めします。高血圧は、普段家で計る時には何の異常も認められないのに、病院の先生や看護士さんなどに測定されると、高血圧や脈が速いなどの症状が認められるケースがあります。また、結果としてそう判断されることも少なくありません。その場合、自分が高血圧であるということ自体がストレスとなってしまっており、血圧が上がりやすくなり、頭痛やめまいを始めとした様々な症状が発現するわけです。めまいが起きた際の対処法としては、慌てて動いたり、何かしようとはしないで、まず落ち着いて下さい。慌てることは、余計にめまいを引き起こしてしまい、ぶつかったり転んだりなど、二次被害に及ぶこともあります。部屋は暗い状態にして、横になって安静にし、状態が落ち着くまで待ってみて下さい。さらに、めまいが頻繁に起こるようであれば、その症状を明確にして、専門の機関に相談しましょう。