高血圧の症状であるめまいを治す1

高血圧の症状であるめまいを治す1

私たちから見た「めまい(回転・昇降・傾斜などを感じるものは平衡感覚の異常により、立ちくらみのものは血行障害により起こる、目が回ったり、くらんだりすること)」の一般的なイメージは、低血圧の人がなりやすいといったものではないでしょうか。しかしながらも、実際の所は、低血圧でも高血圧でも起こり得るのが、めまいなのです。それに加えて、実は頭痛と同じくらい日常的に起こる身体的な症状でもあるのです。高血圧を原因とするめまいは、合併症の前兆(予兆、前触れ)であることが多いです。それ他としては、ストレスでめまいが引き起こされる場合もあります。めまいが起こった時には、まず安静にすること大切です。めまいが起こると、見るもの全てがぐるぐると回るような感覚に陥ります。だからこそ、目をつぶって横な姿勢を取りましょう。たとえば部屋を暗くするなど、めまいに効果的な方法を実践してみて下さい。横になることによって、血圧も安定するでしょう。その状態のまま、しばらく様子を見ることをお勧めします。