高齢者の高血圧の治療方法

高齢者の高血圧の治療方法

高齢者の場合は合併症などのトラブルが起こりやすいと言われていますので、高血圧には特に注意しなければなりません。高齢者の場合、血圧の状態にもよりますが、どのような治療を行うのか気になることでしょう。

まずはなぜ高血圧になってしまったのかという原因を探ることから始めます。病院では最初に問診を行い、そこで医師が具体的な原因を絞っていきます。その上で必要だと思われる治療法を検討し、実践していくという形が多いのです。

治療方法としては、食事療法、運動療法、降圧剤による治療、お酒やたばこなどの要因を排除する方法などが挙げられます。お酒やたばこによって血圧が上昇していると判断された場合は、禁煙が指示されることもあります。お酒の場合は血圧の状態にもよりますが、禁酒ということもあれば、量が決められる場合もあります。いずれにしても、きちんと医師の指示に従うことが大切です。

食事療法は高齢者に最も効果的だと言われています。知らずに毎日塩分を多く摂取している高齢者の方は多いため、意識的に塩分の摂取量を控えるだけでも随分と効果が現れやすいものです。

そして、血圧がある程度高い状態であれば降圧剤を使用して治療をしていきます。降圧剤を利用する場合は薬だけでなく、食事療法などと併用する場合が多いですから、我慢も必要です。また、高齢者の場合は体が弱っていることもあるため、運動療法と言っても激しいものではありません。毎日簡単にできる運動が勧められることでしょう。このようにいくつかの治療法がありますので、自分で血圧を下げようとする場合も参考にしてみてください。