高血圧とアルコール飲料の関係2

高血圧とアルコール飲料の関係2

アルコールは、酒類です。具体的には、日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなどに当たり、製造法においては、発酵(微生物の働きで有機物が分解されて、特定の物質を生成する現象)酒・蒸留(液体を沸騰するまで加熱や減圧して蒸発させ、その蒸気を冷やして再び液体にすること)酒・混成(いくつか混ぜ合わせてつくること)酒の3種に分けることが出来ます。このアルコールには、血管を広げる働きがあります。アルコールを摂取した直後には、一時的に血圧が低下しますが、過剰摂取してしまうと、反対に血圧を上昇させることになってしまうのです。さらに、アルコールは高いエネルギー(物事をなしとげる気力・活力・精力)があるため、エネルギーの過剰摂取にも繋がってしまいます。エネルギーの過剰摂取=肥満ということは、しっかりと抑えておきましょう。肥満は、高血圧にとって最もリスクのある問題です。高血圧を伴いやすい肥満にならないためにも、飲酒については、特に医師に相談することをお勧めします。