夕方に高血圧になることはある?

夕方に高血圧になることはある?

血圧というのは、1日で意外と変動するものです。通常は、起床した時から徐々に血圧が上がり始め、夕方から夜にかけて徐々に血圧が下がることになるのです。そうすることで、夜は自然と眠りやすくなりますし、日中は活動しやすくなるというわけです。

しかし、人によっては夜になるにつれて血圧が上昇することもありますので注意しなければなりません。そうすると、夜眠りにくくなったりするなどのトラブルに繋がることもあるのです。夕方から血圧が下がるのが一般的ですが、日中から夜にかけてほとんど血圧に変動が見られないこともあります。これを夜間高血圧とも言いますが、夜間高血圧かどうか調べるためには、夜に血圧を測定することをおすすめします。もし夜になっても血圧が下がらないようであれば、病院を受診するなどして治療をした方が良い場合もあります。夜間も血圧が下がらないようであれば、心筋梗塞などに繋がる可能性が高まってしまいますので、まずは自分がどのような高血圧のタイプなのかを知るようにしましょう。