高血圧の合併症である腎臓心不全

高血圧の合併症である腎臓心不全

高血圧の合併症として、慢性腎不全が挙げられます。腎臓には様々な役割があるのですが、たとえば体内の老廃物を排出する作用、赤血球をコントロールする作用などがあります。腎臓がきちんと機能しなければ、病気に繋がってしまう可能性もあるのですが、高血圧になると腎臓にもトラブルが生じる可能性があるのです。

腎臓には、細かい血管があるのですが、高血圧になることによって、この血管に大きな負担が掛かり、動脈硬化を引き起こすことがあります。腎臓の血管で動脈硬化が起こると、体内の老廃物などが上手く排出されなくなってしまい、腎臓心不全に陥ってしまいます。そのまま放置してしまうと、徐々に悪化してしまいますし、血管が詰まっているわけですから、その他の血管にまで影響を及ぼして高血圧を更に悪化させる危険性もあると言われています。

高血圧と腎臓はあまり関係が無いと思われがちですが、深い関係があるのです。腎臓が正常に機能するためには、血圧が安定する必要があるのです。ですから、高血圧の方は特に、なるべく腎臓に負担を掛けない生活を心がけ、もし気になる症状などがあるようでしたら、早めに受診するようにしましょう。腎臓心不全になってしまったとしても、早めに適切な処置をすれば、大事に至ることは無いと思います。このような高血圧の合併症もありますので、高血圧の治療は大切です。