高血圧の方は半身浴を心がけましょう

高血圧の方は半身浴を心がけましょう

誰でもお風呂に入ることによって血圧が上昇します。お風呂上がりは体温が上昇してポカポカと温かくなることでしょう。しかし、血圧が上昇するということは、高血圧の方が入浴するのは避けた方が良いと思うかもしれません。

実際に、湯船に浸かることによって血圧が上昇して、高血圧の方は危険を伴うこともあるのですが、必ずしも入浴しない方が良いわけではありません。正しい方法で入浴することができれば特に問題は無いのです。特に半身浴を行うことにより、リラックス効果も得られますので、ストレスを感じやすい方は、ゆっくりと半身浴を楽しむのも効果的です。それによって、高血圧の改善に繋がるかもしれません。

半身浴というのは、みぞおちから下の部分だけが湯船に浸かる状態になります。心臓に負担をかけないように、お湯を入れ過ぎないようにしましょう。また、半身浴用のイスなども販売されていますので、そのようなものを利用すると高齢の方も半身浴しやすいことでしょう。

お湯の温度にも気を付けて、半身浴は20分ほど楽しむと良いと言われていますので、なるべくぬるめにしましょう。温度が高いと当然血圧が上昇しやすくなってしまい、倒れてしまう危険性もあります。特に心筋梗塞を起こしやすい方は注意しましょう。

お風呂に入った後はきちんと水分補給をして、血栓を作らないようにしたいものです。このようなことを心がけることで、高血圧の方も半身浴を楽しむことができるでしょう。