高血圧の合併症である脳出血について

高血圧の合併症である脳出血について

高血圧の状態が長く続くと、脳出血が起こる可能性があります。高血圧というのは、血液の濃度が高かったり、血液がドロドロとして流れが悪くなっている状態になりますが、そうすると脳内細胞が壊死し、そこに動脈瘤が出来てしまうことがあるのです。これが脳出血の原因であり、動脈瘤が何らかの要因で破裂してしまうことにより、頭の中で出血を引き起こして、脳の組織を壊してしまうのです。これが脳出血の状態です。

脳出血になるとどうなるのかというと、頭痛や嘔吐、手足の麻痺、意識障害などが起こりますので、もしこのような症状で悩まされているのであれば、脳出血の可能性がありますので、少しでも早く病院に行かなくてはなりません。特に、手足が麻痺している場合は要注意です。

脳出血が治ったとしても、手足の麻痺が治らない可能性もありますから、高血圧でお悩みの方は脳出血を予防するために早めに血圧を改善するようにしましょう。