高血圧の薬であるノルバスクについて

高血圧の薬であるノルバスクについて

高血圧を治療する薬が多々ある中で、ノルバスクという薬を用いて高血圧を治療することもあります。日本だけでなく、世界中で高血圧の治療に最も使われているのがノルバスクだとも言われていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

1回服用するだけで効果が持続するため、11回服用するだけで良いという特長があります。1日に何度も飲まなければならないとなると、手間が掛かってしまいますし、飲み忘れてしまう心配もありますので、できればノルバスクを服用したい方も多いと思います。

ノルバスクにはどのような作用があるかというと、血管を広げて血管の収縮を防ぐ作用があります。血管が収縮すると血圧は上昇してしまいますので、それ自体を防ぐことができることから、高血圧の改善に効果的だと言えるでしょう。

ノルバスクの場合も、高血圧を直接的に治療するわけではなく、あくまで血圧の上昇を抑える薬になりますので、それ以外に高血圧を改善する努力が必要になります。しかし、比較的服用しやすい薬ですから、高血圧で悩んでいる方は医師に相談してみると良いのではないでしょうか。