脳卒中の予防のために高血圧を改善しましょう

脳卒中の予防のために高血圧を改善しましょう

脳卒中というのは、脳の血管が破れたり詰まったりすることにより、細胞に必要な栄養が行き届かなくなる状態の事を言います。脳に必要な栄養が行き届かないわけですから、脳が正常に働かなくなり、最悪の場合には死に至ると言われています。また、脳卒中が治ったとしても、半身麻痺になる可能性もありますので、脳卒中を防ぐことが大切なのです。

そんな脳卒中と高血圧には深い関係があります。高血圧というのは、血管が収縮したり血液の流れが悪くなることによって血圧が上昇することを言いますが、これは脳の血管にも起こる可能性があります。高血圧によって脳の血管が収縮すると、当然血液の流れが悪くなってしまいます。また、血管が細い状態のところに血液が流れてしまうと、血管が傷つきやすくなってしまい、血管が破れてしまう可能性もあるのです。

実際に、脳卒中は高血圧の合併症だと言われていますから、高血圧であることによって脳卒中に罹る可能性が高まるのです。つまり、高血圧を予防、改善することが脳卒中の予防にも繋がりますので、高血圧の方は脳卒中を防ぐためにも、血圧の上昇を抑えることが大切です。