高血圧の人数はどのくらいなのでしょうか?

高血圧の人数はどのくらいなのでしょうか?

日本には、どのくらいの人が高血圧なのか気になりますよね。みなさんの身近なところにも高血圧でお悩みの方がいるかもしれませんが、実は日本人の高血圧の人数はおよそ4,000万人と言われています。つまり、3人に1人は高血圧ということになりますので、いつ高血圧になっても不思議ではありませんよね。その中には、もちろん自分が高血圧であることに気付いていない方も多いですから、万が一高血圧になってしまった場合は、早めに治療することが大切です。

これだけ多くの人が高血圧だということから、厚生労働省でも高血圧に対する呼びかけを行っているのです。高血圧はなりやすい病気の上に、命に関わる危険性もあります。血圧が高いぐらい大したことは無いと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。気づけば、高血圧の合併症を引き起こしていたということもありますので、甘く見ずに定期的に血圧を測定するようにしましょう。もし血圧が下がらないようであれば、病院を受診することも大切です。高血圧の人数を把握することで、高血圧がどれだけ身近な問題なのか、どれだけ危険なものなのかを知ることに繋がったのではないでしょうか。