高血圧だと診断される基準について

高血圧だと診断される基準について

みなさんは、高血圧の基準がどのくらいなのかご存知でしょうか。最近では、高血圧の方が増えていることから、ドラッグストアなどでも血圧が測定できる場合がありますが、血圧を測定した時に、自分の数値を見て、それが高血圧なのかどうか分からないということもあるでしょう。

高血圧の診断基準というのは、軽症高血圧・中等症高血圧・重症高血圧といったように、段階で分けられています。正常血圧は収縮期血圧が130mmHg未満で拡張期血圧も85mmHg未満ということになりますが、収縮期血圧が130から139mmHg若しくは拡張期血圧が85から89mmHgの場合は正常高値血圧というように、高血圧予備軍のような形になります。

そして、軽症高血圧は収縮期血圧が140から159mmHg、若しくは拡張期血圧が90から99mmHgとなりますので、軽症だからと言っても、高血圧であることに変わりはないですから、生活習慣などを改善した方が良いですね。軽症高血圧の時に、きちんと対策を立てて実行すれば、血圧が下がる可能性は充分に考えられます。