高血圧の方におすすめのお風呂の入り方

高血圧の方におすすめのお風呂の入り方

毎日欠かさずお風呂に入るという方も多いでしょう。年齢を重ねると、ゆっくりとお風呂に入って、リラックスしたいと思うことも増えると思います。しかし、高血圧の方は、お風呂の入り方に注意しなければ、高血圧の合併症を引き起こしてしまい、それが原因で死に至ることもあるのです。だからこそ、毎日のことですから、お風呂の入り方も見直してみましょう。

お風呂に入る時間帯は人によって異なるでしょうが、お酒を飲んだ後にお風呂に入るのは、絶対に避けてください。お酒を飲んでいる状態でも、血圧が高くなっているにも関わらず、そのままの状態でお風呂に入ってしまうと、更に血圧が上昇し、合併症を引き起こすことがあります。お酒も回りやすくなってしまいますので、お酒を飲む前に入浴するようにしましょう。

寒い場所から温かい場所に行くと、血圧の変化も激しくなりますので、注意が必要です。脱衣所もあらかじめ温めておくと、急に寒い思いをするのを防ぐことができます。また、お風呂に入った後に、最後は水を浴びるという方もいます。血圧が正常な方であれば問題ありませんが、高血圧の方は、絶対にやめてください。血圧の変動が激しくなるのは、なるべく抑える必要があるのです。

熱いお湯に長い時間入るのは良くありませんので、長湯をするのであれば、ぬるめの温度に設定しましょう。今回ご紹介した以外にも、様々な対策がありますので、一つひとつのことに気を付けながら、入浴してみてください。