高血圧の薬を服用する上での注意点

高血圧の薬を服用する上での注意点

高血圧の薬を服用する場合、食べ物との相性が悪い場合もありますので、トラブルを避けるためには、どのような食べ物は避けた方が良いのか把握しておきましょう。

たとえば、グレープフルーツジュースは、カルシウム拮抗薬との相性が悪いと言われているため、避けなくてはなりません。グレープフルーツジュースと一緒に摂取することにより、血圧が急激に下がってしまう可能性があるのです。グレープフルーツが好きな方も多いでしょうが、降圧剤を服用する時には、このようなことを把握した上で気を付けて摂取してみましょう。

また、高血圧の治療をするにあたり、いくつかの薬を処方されることもあります。降圧剤には複数の種類がありますので、自分に合った薬が処方されることになるのですが、いくつも飲むのが面倒だと感じることもあるかもしれません。できれば、一つにして欲しいと思いますよね。しかし、高血圧の原因や症状によって、必ずしもその降圧剤が効果的だとは限りません。また、反対に血圧が下がり過ぎてしまう可能性もありますし、高血圧の数値によって、いくつかの薬を服用した方が高血圧に対して効果が現れる可能性もあります。

つまり、一人ひとりの症状に合わせて医師が処方するため、いくつかの種類があり、一緒に組み合わせることで効果を高めることができるのです。ただ血圧が下がれば良いと思うかもしれませんが、血圧が下がり過ぎてしまうと、トラブルにも繋がります。だからこそ、そこをうまく調整する必要があるのです。

医師が診断の上できちんと処方しているわけですから、いくつも飲むのは大変かもしれませんが、用法用量を守って、きちんと服用してください。