内臓脂肪が多いと高血圧になりやすい?

内臓脂肪が多いと高血圧になりやすい?

肥満にもいくつかのタイプがあります。肥満は、全体的に高血圧になりやすいと言われているため、肥満を防ぐことが高血圧予防にも繋がるのですが、内臓脂肪型は、特に高血圧になりやすいと言われているため、注意が必要です。

内臓脂肪が多いのかどうかというのは、自分では判断しづらいでしょう。しかし、女性の場合でウエストが90cm以上、男性で85cm以上あるようであれば、内臓脂肪型肥満の可能性があるのです。肥満だということを自覚するのが嫌っで、自分でウエストを測っていない方も多いと思いますが、自分が肥満なのかどうか知ることは大切です。自分で気づかないフリをするのではなく、しっかりと自覚をして、肥満を解消することが高血圧予防対策にも繋がります。内蔵脂肪型肥満で、既に高血圧だという場合には、今話題になっているメタボリックシンドロームだと診断されますので、合併症も引き起こしやすい状態になります。

既に高血圧だからと諦めるのではなく、内臓脂肪型肥満を解消して、高血圧を改善するように心がけましょう。それが健康維持にも繋がります。