高血圧は爪もみで改善してみましょう

高血圧は爪もみで改善してみましょう

高血圧には、様々な改善策がありますが、その一つに爪もみというものがあります。爪もみというのは、その名前の通り、爪をもむという方法なのですが、それだけでも、健康に繋がると言われています。

爪をもむことによって、自律神経が整うと言われているのですが、高血圧の場合は、自律神経を整えることが血圧を下げることに繋がると言われています。自律神経の乱れは、高血圧だけでなく、様々な病気のもとになると言われているため、爪もみをすることによって、病気の予防にも繋がることでしょう。

爪もみの方法は、爪の中心ではなく、端の方を揉むという方法になります。時間としては、一つの爪につき、2分ほどが理想的です。そうすることで、リンパ球の数の増加に繋がり、免疫力が向上すると言われています。どういった病気に効果的かというと、高血圧の他に、頭痛や肩こり、腰痛、生理痛、頻尿、糖尿病といったように、男女ともに効果的です。お金を掛けずにできる方法ですから、試してみてはいかがでしょうか。