高血圧とコーヒーの関係について

高血圧とコーヒーの関係について

高血圧を改善するにあたり、飲み物によって血圧を安定させることができれば、非常に手軽ではないでしょうか。実際に、高血圧の改善に効果的だと言われている飲み物もいくつかあり、コーヒーもその一つです。

コーヒーというのは、血圧の上昇に繋がるという説もあったようですが、実際にコーヒーを飲み続けた場合、血圧の上昇は認められず、むしろ血圧が下がるというデータまで出ているようです。コーヒーには、カフェインが含まれていますが、カフェインには、利尿作用や覚醒作用があるのです。そういった作用により、心臓の動きが早まり、血圧上昇に繋がるとも言われていますが、コーヒーに含まれているカフェインは、それほど多い物では無いため、血圧の上昇には繋がらないようです。

アメリカの女性がコーヒーを飲んだ場合、高血圧の危険性が減るといった研究結果もあるようですから、今後はますます高血圧とコーヒーの関係が注目されるのではないでしょうか。日本人の場合は、長期間に渡って実験が行われたことが無いため、詳しいデータは無いようですが、コーヒーを毎日摂取する人の方が、摂取しない人に比べて、高血圧になる確率が低くなるというデータもあるようです。コーヒー好きな方で、高血圧の場合は、コーヒーを控えなくてはならないのか気になることと思いますが、無理に控えようとすると、それがストレスに繋がり、血圧の上昇に繋がることもありますので、無理にやめる必要はないでしょう。