高血圧と睡眠時間について

高血圧と睡眠時間について

現代人は、睡眠不足の方が多いと言われていますが、高血圧の方は、睡眠時間にも注意した方が良いと言われています。睡眠時間が短いと、それが血圧に影響することもあるのです。簡単に言うと、出来るだけ毎日十分な睡眠をとることが、高血圧の予防にも繋がると言えます。

なぜ睡眠と高血圧には関係があるかというと、人間というのは、ストレスを溜め込むことによって血圧が上がりやすくなります。睡眠時間が不足すると、ストレスに繋がるとも言われていますので、ストレスを感じやすい方は特に、十分な睡眠をとることが重要になります。睡眠時間が、毎日5時間未満だという方は、高血圧になる可能性が格段に上がりますので、出来れば7時間程度の睡眠をとるように意識してみてください。

また、睡眠時無呼吸症候群の方も多いと言われますが、こういった方は、特に血圧が上がりやすい状態になります。もしそういった疑いがあるのであれば、病院を受診して治療した方が良いでしょう。なかなか忙しい日々の中で睡眠をとる事も難しいかもしれませんが、病気を防ぐためには大切なことですので、少しでも睡眠を多くとってみましょう。