高血圧の合併症である眼底網膜病変について

高血圧の合併症である眼底網膜病変について

高血圧の合併症はいくつかありますが、その一つに、眼底網膜病変というものもあります。これは、目の網膜の血管が病変しているという症状になりますが、眼底網膜病変になることにより、脳梗塞や脳出血といった事が起こる可能性もあるのです。

眼底網膜病変か否かを調べるためには、眼底という部分の細動脈を診て、出血をしていないか、血管がくびれていないかといった事をチェックする必要があります。自分ではなかなか気づきにくいかもしれませんが、高血圧の方は、こういった合併症を引き起こす可能性もありますので、注意が必要です。高血圧は、目に対する合併症を引き起こす可能性があるのです。

もし、気になることがあるのであれば、早めに受診するようにしましょう。