食事の回数を減らすのは高血圧に悪影響を与える?

食事の回数を減らすのは高血圧に悪影響を与える?

高血圧の方は、食生活を改善することが大切だと言われていますので、なるべく食塩を摂取しないようにするために、食事の回数を減らせば良いと思っている方もいるのではないでしょうか。

確かに、食事の回数を減らせば、その分塩分の摂取量を控えることが出来るかもしれませんが、食事の回数を減らすことによって、太ってしまうことがあると言われています。一定期間だけ食事の回数を減らしたとしても、その後で元の食事回数に戻してしまうと、結局太りやすくなると言われています。

なぜ太るのがいけないのかというと、肥満は高血圧にも繋がると言われており、結局一時的に血圧が下がったとしても、再び高血圧の状態に戻ってしまう可能性があるからです。

食事の回数を減らすことは、もちろん高血圧以外にも良いことではありませので、なるべく栄養バランスの事を考え、1日3食きちんと摂取するようにしましょう。