降圧剤を使用しても血圧が下がらないときは?

降圧剤を使用しても血圧が下がらないときは?

病院で高血圧だと診断され、降圧剤を処方される事もあります。降圧剤を使用すれば、必ずしも血圧が下がるというわけではなく、場合によっては血圧がすぐに下がらない事もあります。これは、降圧剤自体が体に効果が無いわけではなく、医師が徐々に血圧を下げるために、降圧剤の量などを調整しているためです。

血圧というのは、急激に下げることも出来ますが、そうするとめまいを起こすこともあります。体にトラブルを起こさないようにするためにも、医師は考えた上で降圧剤を処方しているのです。ですから、すぐに血圧が下がらないからと言って、焦る必要はありません。大切なのは、薬だけで血圧を下げるのではなく、食生活や睡眠などの生活習慣を改善することも大切です。それと薬を併用することにより、血圧を下げることが出来るのです。ですから、長期間降圧剤を飲んでいても血圧が下がらないという場合は、生活習慣がきちんと改善されていない可能性もありますので、そういった時は医師に相談をし、指示を受けると良いと思います。

生活習慣を改善することは難しいことかもしれませんが、高血圧を改善するためにも、毎日少しずつ努力をしてみてはいかがでしょうか。薬だけに頼っても、血圧は下がりませんので、いつまでも治療を続ける必要が出てきます。