運動療法における注意点

運動療法における注意点

高血圧の治療をするにあたり、運動を取り入れる方も多いでしょうが、いくつか注意しなければならないことがあります。血圧は自宅でも測ることができるため、高血圧なのか否かを自分で判断することは出来ます。しかし、他の部分には問題が無いのか、運動しても良いのかを判断するためにも、一度医療機関に受診した上で、運動療法を行うにあたってのアドバイスをもらった方が良いでしょう。場合によっては運動が向いていないこともありますので、逆効果にならないためにも、せっかく治療するのであれば医師の指示に従った方が良いですよね。
運動をする場合、1回運動するにあたり、30分から60分以上は継続して行うことが大切です。また、毎日できれば最も良いですが、忙しくてなかなか毎日は続けられないという場合には、最低でも週に3日以上は続けてみてください。
運動をした時には汗をかくかと思いますが、汗をかくということは、体内の水分が失われているということになります。ですから、運動をした後はきちんと水分を補うようにしましょう。水分が不足してしまうと、心筋梗塞や脳梗塞に繋がる可能性があります。
出来る限り運動を続けるためには、自分が楽しくできる有酸素運動を見つけてみてくださいね。