早朝高血圧とは?

早朝高血圧とは?

血圧というのは、1日中数値が同じというわけではありません。高くなることもあれば、低くなることもありますが、一般的に起床時には血圧が高くなっており、就寝中には低くなっているものなのです。早朝高血圧というものもあり、朝の血圧が非常に高いという場合、朝晩の血圧を足し、2で割った時の平均が135以上で、朝晩の血圧の差が15~20以上ある場合を指します。
高血圧の方は、血圧を下げるために降圧薬を服用することもありますが、それを服用している時には日中の血圧が正常だという場合、2人に1人の確率で早朝高血圧であると言われているのです。
早朝高血圧は、更に2種類に分けられます。起床した時に血圧が急激に上がる場合をディッパー型、寝ている間に血圧が下がらず、少しずつ血圧が上昇する場合がノンディッパー型となります。年齢を重ねるにつれ、ノンディッパー型になる場合が多いようで、それと同時に脳血管に関する疾患に繋がることも多くなります。これは、血圧が急激に上がることにより、血管に対する圧力が強くかかるからだと言われています。そうすると、血管が詰まる、破れるといった症状に繋がる可能性があるのです。それによって、睡眠時無呼吸症候群やと尿病、心不全に繋がることもありますので、早朝高血圧の方は特に注意が必要です。