成人の高血圧の値を知ろう

成人の高血圧の値を知ろう

成人の場合、高血圧の値の基準について把握しておくことは大切です。やはり、成人になると高血圧になる可能性も高まる為、いつ高血圧になってもおかしくないのです。若いから大丈夫だろうと思って血圧を測定せずにいると、いざ高血圧になった時に自分で気づきにくいというデメリットがありますので、まずは早期発見をする為にも、高血圧の値の基準について把握しておきましょう。

現代は、高齢者だけでなく若年者でも高血圧になる人が増えています。それは、現代人の生活習慣が乱れていることが原因だと言われています。それを改善するのはなかなか難しい事かもしれませんが、もし高血圧になってしまった場合は早めに対策をとることが大切です。

成人の高血圧の値ですが、至適血圧というのは、収縮期血圧が120未満、拡張期血圧が80未満とされています。正常血圧は130未満かつ85未満、正常高値血圧は130139、又は8589となります。そして次からが、高血圧という分類になりますので、把握しておきましょう。

高血圧は三段階に分かれているのですが、Ⅰ度高血圧は140159又は9099、Ⅱ度高血圧は160179、又は100109、Ⅲ度高血圧は180以上、又は110以上となります。高血圧は数字だけで判断する事が出来ますので、自分でもチェックしやすいというメリットがあります。ただ、実際には自分で測定しなければそれに気づかないでしょうから、把握するだけでなく、定期的に測定するようにしてみて下さい。家庭用の血圧測定器もありますが、一台あれば家族全員で測定する事が出来ますので、購入するのが一番でしょう。