妊婦で高血圧だと判断される値とは

妊婦で高血圧だと判断される値とは

妊婦さんが高血圧になりやすいと言われているのですが、実際にどのくらいの値で高血圧だと判断されるものなのでしょうか。

妊娠中の血圧の至適血圧としては、120mmHg未満、80mmHg未満だと言われています。これは医療機関で測定した場合で、自宅で測定した場合は125mmHg未満、80mmHg未満となっています。そして正常値が130mmHg未満、85mmHg未満、正常高値が140mmHg未満、90mmHg未満となっています。そして、妊娠高血圧症候群だと判断されるのが、病院で測定した場合で140mmHg以上、90mmHg以上の場合です。ちなみに、自宅での測定の場合は135mmHg以上、85mmHg以上となりますので、参考にしてみて下さい。

妊娠の健診の際には、必ず最初に血圧を測定するはずです。なので、妊娠高血圧症候群が疑われる場合には、薬が処方されたり、日常生活でもアドバイスを受けるはずですが、それでも血圧が下がらない場合には入院をすることも考えられます。いずれにしても、医師の判断が第一になりますので、その指示に従うようにしてみて下さい。また、できれば健診の時だけでなく、自宅でも毎日血圧を測定するようにしましょう。血圧が高くなって妊娠高血圧症候群になることによって、流産や早産に繋がる可能性もあるのです。胎児に悪影響を及ぼす事もあるため、早めに対策をとることが大切でしょう。

ただ、妊娠高血圧症候群は血圧だけで判断されるわけではありません。尿たんぱくであったり、むくみといった部分もチェックされるでしょうから、きちんと把握してみて下さい。多くの場合は食生活が影響していますし、運動不足から起こることも考えられます。妊娠中は胎児に影響を与えないように安静に過ごす人もいるかもしれませんが、食べ過ぎや運動不足にも注意しましょう。