高血圧の人はチョコレートをどのくらいの量食べれば良いのか

高血圧の人はチョコレートをどのくらいの量食べれば良いのか

高血圧の人は、食生活に注意をする必要があります。食事によって血圧が上昇してしまうことは多いのです。なので、普段から食生活に気を付けている人は、間食をする時にも気を使ってしまうのではないでしょうか。

糖分によって血圧が上昇してしまう事は多い為、間食は確かに注意が必要です。しかし、チョコレートの場合は高血圧の予防・改善に役立つと言われており、実際に研究結果によって高血圧に対する効果があるというデータも存在しますので、食べてはいけないということはありません。なので、間食をするのなら、他のお菓子では無く、チョコレートを選んだ方が良いでしょう。

ただ、チョコレートはどれだけ食べても良いというわけではありません。食べ過ぎると、当然カロリーが高いものですから、血圧の上昇に繋がってしまう恐れがあります。では、どのくらいの量が理想的かと言うと、1日に板チョコで3分の2程度だと言われています。この量を聞くと、多いと思うのではないでしょうか?1日につきこの量食べても大丈夫だと言われていますので、満足できる人が多いのではないかと思います。

しかし、一度にこの量を摂取するのではなく、出来れば1日に何度かに分けて食べるようにしましょう。1回につき、少しずつ食べることにより、高血圧に対する効果を高めることができます。また、食べる時間を工夫することで、ダイエットにも効果的なのです。

食事の前に少し食べることで満腹感が得られ、食べ過ぎを予防することが出来るでしょう。また、おやつの時間帯に食べると、脂肪として蓄積されづらくなりますので、時間帯についても意識してみて下さい。

それから、チョコレートの種類としては、カカオマスの含有量が70%以上のダークチョコレートと呼ばれるものが最適ですので、その点も気を付けてみましょう。そうすれば、高血圧の予防・改善効果が得られるのではないでしょうか。