高血圧の人のチョコレートの食べ方

高血圧の人のチョコレートの食べ方

高血圧の人は、チョコレートを食べてはいけないと思うかもしれません。確かに、食べ方は気を付ける必要がありますが、食べ方を意識することにより、反対に高血圧を予防できる場合もあります。なので、高血圧の人にオススメのチョコレートの食べ方について紹介しましょう。

高血圧に効果的なのは、板チョコの場合、2分の2から半分ぐらいの量を、1日に何度かに分けて食べる方法です。一度に食べてしまいたいという人もいるでしょうが、そこは我慢して、1日に何度かに分けましょう。そうすることで、血液中のエピカテキン濃度というものを高い状態で保てる為、高血圧予防に繋がるそうです。実際に、エピカテキンというのは血圧の上昇を抑制できるとされていますので、高血圧の人にもオススメの食べ物なのです。

更に、チョコレートにも色々な種類がありますが、ブラックチョコレートやビターチョコレートのように、カカオの含有量が多いものを選ぶことが大切です。実際に、こういったチョコレートには高血圧に対する効果が得られるという研究結果も出ているのです。

この食べ方なら、毎日でもチョコレートを食べて構いませんので、試してみて下さい。ただ、食べ過ぎは禁物ですし、種類にも気を付ける必要があります。チョコレートはやはりカロリーが高いものですし、糖分もたっぷりと含まれています。

また、チョコレートだけでなく、ココアも高血圧の予防に効果的だという説もあります。チョコレートを毎日食べると飽きてしまう人もいるでしょうし、あまりチョコレートが得意ではないという人は、ココアを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。特に寒い冬は温かいココアの方が嬉しいでしょう。チョコレートやココアに含まれるカカオ豆にはポリフェノールが含まれており、このポリフェノールは健康効果が高いとされていますので、自然と高血圧以外の病気の予防にも繋がるかもしれません。意識して習慣づけることが大切です。